造顔マッサージで肌の透明感を手に入れる!

造顔マッサージのいよいよファイナルです。気合をいれてがんばりましょうね。

@人差し指全体を鼻の脇に、親指をあごの下につけます。
 耳の前まで手を真横に移動させて、首筋に降ろします。
 この動作を3回行います。
この造顔マッサージの重要ポイントはきちんと鎖骨まで手をおろす事!いい加減に手を抜いてはいけません。

A一方の手をおでこに当て、縦に細かく動かしてこめかみまできた  ら、両手を当てて首筋に降ろします。
 これは、1回で終了です。
この造顔マッサージは顔全体の血行をよくしながら額の横ジワを消すという一石二鳥の効果があります。また両手でおこなうよりも片手で行うほうが額をきちんとのばすことができます。

いかがでしたか?この一連の造顔マッサージを行うことによって顔筋のアップもさることながら、肌の色つや・透明感までよくなってくるのがわかるはずです。

継続は力なり! がんばりましょう!

スティラ(Stila)





造顔マッサージはほうれい線に即効!

造顔マッサージほお編です。指の腹をあごの中央にあて、口角の横を通って上にもみあげていきます。 小鼻の横から目頭へ持ち上げて、3秒プッシュします。次に力をゆるめて手を横のこめかみに持っていき、耳の前から首筋に降ろしていきます。
この動作を3回行います。
イメージとしては余分な肉を全部持ち上げるようにし、肉にぐっと圧力をかけるイメージです。

造顔マッサージA
片手であごを支えてもう一方の手はあごの横に置きす。 目頭に向かってほおの肉を集めて(ググーッという感じで集めます。)3秒プッシュします。 また力を抜いて手を横に動かし、こめかみに持って行き、耳の前から首筋に降ろします。 左右3回ずつ行ってくださいね。

造顔マッサージB
両肘を張って、指の腹でほおをおさえます。
圧力をかけながら横に動かして、首筋に降ろします。
この動作を3回行います。
顔全体をひきしめるマッサージで効きそうでしょう?
実際、即効性は目をみはる程です。
シャープなフェイスラインを手に入れるため頑張りましょう。
ほうれい線対策にはもってこいのマッサージです。
私もこれでほうれい線が薄くなり、ほお骨の位置が上がってきました。一緒にがんばりましょう!









造顔マッサージでいよいよほうれい線退治!

造顔マッサージ今回は口元のマッサージについて。
例のにっくきほうれい線対策ですね。

まずはあごの中央に指の腹をのせ、圧力を加えて口角をもちあげましょう。
次に歯茎にそうようにして鼻の下までもっていきそこでプッシュします。この動作を3回行ってください。

この一連の造顔マッサージを行うことにより、ほうれい線を消滅させ、なおかつ口元の小じわも取り除くことができます。

口角が下がっていると一層老けたイメージがつきますね。
口角のあがったひきしまった口元はシャープな若々しさを感じさせます。

口元の造顔マッサージのコツは鼻の下で十分な圧力をかけること。
少し痛いと感じる程度がいいでしょう。
顔筋が硬直して、血液やリンパの流れが滞って余計な脂肪が顔に着いている人ほど痛みを感じるということです。

造顔マッサージをしっかりおこなって、にっくきほうれい線をやっつけて、シャープな顔を取り戻しましょう。

造顔マッサージで目のクマをとろう

朝起きた時や、地下鉄の窓にうつる目の下のクマ・くすみにゲンナリしたことはないでしょうか?

目のまわりは、他の場所と比べて老廃物が溜まりやすい場所です。
血行不良がクマやくすみの大きな原因。

造顔マッサージで適度に刺激することで血行を促進させてあげましょう。

まず、中指の腹で、目尻から下まぶたを通り、目頭を軽く押します。
骨に沿って目尻に戻り、目頭に進みます。
再び目尻に戻り、指2本で軽く押します。
耳の前から首筋にまっすぐ降ろします。
この一連の動作を3回行います。

これですっきり目元美人になれますね。


造顔マッサージは女性のイベント事の強い味方

造顔マッサージをする時間帯をみなさんは決めていますか?
基本的にはマッサージの時間帯は、いつでもかまいません。

造顔マッサージの効果の持続時間は10〜12時間といわれているので、さかのぼって考えると、朝に造顔マッサージを行うと一日中たるみのない顔、ほうれい線のない顔があなたのものになる訳ですね。

女性には「今日こそは」というハズセナイ日がありますよね。
同窓会、デート、その他諸々イベント!
そんなハズセナイ日には、メーク前に造顔マッサージではりのある小顔に変身しましょう。





造顔マッサージは下へ下へとマッサージ

準備が整ったらいよいよ造顔マッサージの始まりですね。
これでほうれい線を撃退しましょう。

まず造顔マッサージの始まりはは両手で顔をはさみ、耳の前からゆっくり首筋まで下へ下へと手を下ろしていきます。内側に手が入ってはいけません。それを2,3回繰り返します。

ただここで一点注意です。
この造顔マッサージの動作はリンパの流れを良くし老廃物の代謝を良くするということ。上から下へという動作なので余計にたれるぅ〜と思う人もいるかもしれませんね。
でもこれは自然の流れにそって行いますから、より一層の引き締め効果が期待できます。

今日の造顔マッサージワンポイントは、上へ上へと手をもっていきたいのをグッとこらえてとにかく真っ直ぐ下へ手を下ろすということです。

造顔マッサージの造顔マッサージたる「ゆえん」

下準備が整えば次は具体的造顔マッサージ開始です。

洗顔後、巨峰大(直径3〜5センチくらい)のマッサージクリームを手に取ります。

顔全体に、肌が隠れるくらいに、厚めにマッサージクリームを塗ります。このときにケチってはいけません。
何事もお肌の為、ほうれい線撲滅のためです。
たっぷり塗っておきましょう。

造顔マッサージは、表面をただ撫でるのではありません。
指の腹全部を使って圧をかけていきます。
それが造顔マッサージの特長です。

顔の「こり」を取ってあげるのですから、顔の筋肉をもみほぐし、脂肪をもみ出すようなイメージで行いましょう。

あなたの知っているフェイシャルマッサージと比べるとどうでしょうか?造顔マッサージは、けっこう力強く行うメソッドだとは思いませんか?これが造顔マッサージの造顔マッサージのゆえんなんです。

ほうれい線撲滅のためがんばりましょう!


造顔マッサージを具体的に始めましょう

造顔マッサージは具体的にどういうことをしていくのでしょうか?
興味しんしんですよね。
まずは造顔マッサージの下準備をしていきましょう。
とはいっても何も特別な器具を用意する必要はありません。

@マッサージクリームを用意します。
 どのメーカーのものでも構いません。普段使っているもので十分で す。ただ、あまりすぐに緩くなるようなクリームは造顔マッサージ にはむいていません。
 造顔マッサージの最後の頃に緩くなる位なら、少しふき取ってまた お顔にのせればいいだけですからね。

造顔マッサージ用として特別にクリームが用意されていますが、少々値段がはります。
消耗品でもあるので節約したい方には「ちふれ」のウォッシャブルコールドクリームなど如何でしょうか?


造顔マッサージで顔の「こり」をほぐす

田中宥久子さんの顔筋マッサージ・造顔マッサージは田中メソッドと呼ばれておりメディアに取り上げられて以来、たくさんのお肌に悩む女性の支持をうけ、この造顔マッサージが美容の常識を覆してきました。

肩こりがあるのと同様顔にも“凝り”があることを発見。
ほんとに言われてみればその通り!
顔もこってるんですよね。
造顔マッサージとは「イタ気持ちいい」といわれるくらいの力で老廃物をリンパへ流すためにおこないます。
造顔マッサージの基本はリンパの流れを停滞させないの一言につきます。
毎日3分という手軽さも魅力の一つなんですよね。

造顔マッサージの田中さんとは。。。

造顔マッサージ発案者田中 宥久子(たなか ゆくこ )さんは日本のヘア&メイクアップアーティストの先駆けとして活躍。
田中さんいわくメイクアップアーティストではなくビューティー・アーティザンと名乗っておられるのは有名ですね。

造顔マッサージをメイクとともに施して、顔本来がもつ美しさを引き出しよけいなメイク減らすという手法を取り入れています。
要するに顔本来の美しさを引き出せないようなメイクはメイクではないというのがポリシー。
その延長線上に造顔マッサージがあるのでしょう。

造顔マッサージもさることながらゴッドハンドという異名をとりカリスママッサージ師として世界的に有名でもあります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。